2013年1月1日火曜日

欣賀新年(更新)

(更新はこの萌黄色の部分を付け足しました。)

あけましておめでとうございます。

年末に転職するという大きな変化もありつつ
何とか新しい年を穏やかに迎えることができました。

それも偏にものづくりが充実した一年だったというのもあります。
多くの方に作品を気に入っていただけたこと、
感謝という一言では表せませんが、
新年はまたものづくりに勤しみたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

家でも鏡餅を飾っています。
お餅の部分はいわゆる既製品を使っていますが、
橙や干し柿、昆布などは割とちゃんとしたものを飾りつけています。


このアイテムがあるだけで、正月気分を味わえるのですから
よく考えられているなあと感心します。

それぞれに意味があるはずので、ちょっと調べてみたいと思います。
新年からの宿題ですね。

橙は「家が代々まで続くように」、柿は「幸せをかき集められますように」
といった意味があるそうです。

あ、そうそう。
こんな風に、今年のブログは
あとからもちょっとずつ内容を足していって
前の記事を見ても楽しめる、そんなイメージで更新していきます。

どうぞお楽しみに。

因みに初ものづくりはこの「鏡餅」です。


鉄線で作った三方の上にステンレス線の餅、銅線の橙や真鍮線の柿を載せてみました。

三方は三箇所が開いているから三方とのことで、
このあと付け足したのは言うまでもありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿